忍者ブログ
つれづれシンプルーンblog ver.1
[172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『山猫は眠らない2』を観た。

トム・ベレンジャーはアクションには向いてないなあと実感。
走るの遅いよ〜。
だけど古参の狙撃手としては彼より右に出るものはいないと思う。
特に老いぼれの鬼軍曹(褒めてます)はトムさんほど似合うものは無い。

海兵隊を傷病除隊したベケット上級軍曹は、森の奥地にある観光客相手のハンターツアーを営む宿で細々と暮らしていた。そこに大佐(名前、わからん)とCIAの男がやってくる。
そこでセルビア人(なのかなあ…)のヴァルストリア将軍を暗殺して欲しいと言われる。
んで、いやいや引き受けることにしたベケットは観測手としてジェイク・コールという男と組まされることに。
このコールと言う男、連邦捜査官殺しの犯人で死刑囚だったのだ。
で、またいやいや(じゃないけれど)組んだベケットとコールは地下組織のソフィアという連絡員に武器と情報を得て、ヴァルストリア将軍を暗殺することに成功するが、コールが捕まってしまう。『このバカチンが!』と言いながらも助けにいくベケット…さてこれから先どうなるやら…。

というのが大まかなあらすじです。途中中だるみしてしまうのですが、皆さんの評判を聞いているより面白いのでは?と思いました。
いや、これは普通のアクション映画ですね。1の時の本当に芯の芯までミリタリー映画に徹した映画ではなく、ハリウッドのアクション映画なのです。ですから、ミリタリーが好きな方には不満なんでしょうね。まあ、ありえね〜〜〜〜〜〜!って叫びたくなる所、ありますもの。

あと、敵方のスナイパーがイイ男です。冷徹な冷たい目のいかにもスナイパー!っていう顔つきが良かったです。
ベケットとこのスナイパー同士の戦いが良かった…。

少しネタバレですが、コールが何故自分を助けに戻った?と聞くと、ベケットが
『前に俺がパナマで捕まって拷問を受けたとき、観測手が戻って俺を助けてくれたからだ』
と、答えたんですね、これを聞いてあの『1』を思い出しましたとも。

あ〜、1がまた観たくなって来た。買っちゃおうかな、DVD…。
ということで〜。

他にも『山猫は眠らない3 決別の照準』と『スモーキン・エース』を借りたんで楽しみです!

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
akira(akira.l.u)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[08/20 akira@管理人]
[08/19 坊主めがねアロハ]
[04/29 akira@ 管理人]
[04/26 蒼樹]
[09/06 akira@ 管理人]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) simprune All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]