忍者ブログ
つれづれシンプルーンblog ver.1
[111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『レジェンドオブメキシコ』を観た。

ある意味吹っ飛んだ映画でした…人が吹き飛ぶ吹き飛ぶ。
たかがショットガンやM16A2(かな?詳しい事はよくわかりません)で撃たれたくらいで吹き飛ぶ、もんどりうつ、もう凄い飛ぶ。
さすがロドリゲス監督、頭の中もさぞや吹き飛んでることでしょう(褒めてます、悪意はありませんw)

マリアッチがカッコいいのなんの。ジョニデのサンズもかっこ良かったっすよ。
ただ最後がまたぶっとんだ設定だったのが…笑えましたが。座頭市じゃんw
全体的にかっこいい男が沢山でてきて良かったわ〜。
ウィレムさんもかっこよかったし、あのミッキーさんが!でていた。往年の色男健在かと思いきや、なんか萎れていたような…ゴホゴホ。
いいねえ、これまた男の映画だよ。

ちょっとネタバレ気味ですが…

嫁さんと娘を殺されたマリアッチが復讐に滾り、嫁を殺した相手に復讐する…それが静かな怒りと言う所が良い。なんかもっと暴発気味な感じかと思いきや、静かなんですよねえ。これがタランティーノ監督だったらそうはいかないでベラベラ喋りそう。

こういうの、男の子とか好きだろうな。
話も結構しっかりしているような気がして、面白かったですよ。
マリアッチが撃つと、かっこいい決めシーンが必ず出て来てこういうのに、痺れるんだろうな〜って思いながら見てました。
確かにかっこよかったけれど、やはり『ヒート』の銃撃戦のかっこよさには及ばず(しつこいぞ、自分…『レジェンド…』と『ヒート』を比べちゃダメだ…別の種類の映画なんだから…)
『レジェンド…』は男のおとぎ話で、『ヒート』は男の文学です(おとぎ話も文学じゃないのか?…すいません、言葉が見つかりません…)

とはいえ、面白い映画でした。楽しめましたし。
これもまた男による男の為の映画ですね。良かったです。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
akira(akira.l.u)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[08/20 akira@管理人]
[08/19 坊主めがねアロハ]
[04/29 akira@ 管理人]
[04/26 蒼樹]
[09/06 akira@ 管理人]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) simprune All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]