忍者ブログ
つれづれシンプルーンblog ver.1
[109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DVD買いました。
そして速攻見ました。

ちょ………wwww

ちょ…ちょ…

超かっこいいんですけどーーーー!!!!

『コラテラル』より面白いかも。
いや、過去に一度映画館で観たんですが、そのころこの映画の良さが正直わからなかった…。
これこそ男の闘いの映画ですわよ!
これこそ本当の渋いオヤジ達の闘いですわよ!!

なんてかっこいいのかしら!!
ニールもヴィンセントもクリスもマイケルも皆かっこよくてよ!
ただウェイングローがどうしても出てくる度に
『リンチ!なぜここにいる!?』と突っ込み入れたくなりました。
それだけ似てます。『KANE&LYNCH』は完全に『ヒート』を意識してますね。
いや、それだけじゃなく『コラテラル』も。
コラテのヴィンセントが着ているスーツをケインも着ている…。
マン監督を意識してるんだなあ。
いや、意識したくなりますよ。
『ヒート』がいかに渋い男の映画で、意識したくなるか…よ〜く分かります。

コラテと同じく悪であるニールに肩入れしたくなるのは何ででしょうか。
ロバート・デ・ニーロ演じるニールの方がアル・パチーノ演じるヴィンセントより格段に魅力的だからです。
頭が良く切れる男ニール、それに対して家族とうまくいかないワーカーホリックのヴィンセント。どうしても生活臭がにじみ出てくるからかもしれません。

ニール、超カッコいいです!!!
惚れました。コラテのヴィンセントもかっこ良かったけれど(今でも好きです)ニールの渋い男のかっこよさに惚れた。大人の男なんですよね。なんか。
でも好きな女性には弱いところが良い…。そこら辺が子供っぽい感情があったりしてなんかアンバランスでいいかも。強い男だけれども愛する女性には弱い。











<以下ネタバレありますご注意を!




ニールとヴィンセント、対極の男なんですが、一線を越えたら似た者同士になると思う。
これまたコラテのヴィンセントと同じくニールは死んでしまうのですが最後に手を取り合って握手した所で、対極にある男同士分かり合えたのではないか…と思います。
この最後で私は『ヒート』の全てが語られているんじゃないかなあ…と思うんですが。
『コラテラル』では無かった正義と悪の和解…というかなんというか、和解というより溶解?融合?…和解…というのは全部分かり合えるという感じがしてちょっと違うのですが、分かり合えた一瞬というか。良いシーンですわ。うん。











本当にかっこ良かったです。
こういう漫画が描きたいな…とつくづく思わせる映画でした。
渋い男のバイブルですわ。
勉強しなきゃ。

渋い…で思い出したんですけれど『あるいは裏切りと言う名の犬』が観てみたいんですよね。これまた超渋そうなハードボイルド映画。借りようっと。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
akira(akira.l.u)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[08/20 akira@管理人]
[08/19 坊主めがねアロハ]
[04/29 akira@ 管理人]
[04/26 蒼樹]
[09/06 akira@ 管理人]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) simprune All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]