忍者ブログ
つれづれシンプルーンblog ver.1
[162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『チェ 28歳の革命』をちょっと前に観てきました。

私は良い映画だったと思う。
この映画を見て、カストロもチェもイメージが変わった…。
ゲバラは信念があるんだよな。確固たる…。
だから今の尺度で考えればゲリラだったりテロリズムだったりするところが、
彼の信念の強さで革命となり、民衆の支持を得る事が出来た。

『39歳別れの手紙』では違う事になってるみたいですけれど。

ただ、誰が誰だかわからないのがネック。
皆の名前はあるんだけど、誰が誰だかわからない…というのは私だけか。

緊張感を崩さずに飽きさせずに見せる映画はさすがの一言。

それからですね…
ゲバラは心根の優しい人だったのではないのか…と思うんです。だけど残酷な部分ももっている…それは人を殺せる事。
ただペンの代わりに銃を取った、しかし銃を取らざろう得ない状況だった。
と、私の中ではもやもやしてます。
時代が時代で仕方が無かった…と思うしか無いんでしょうか。
難しいところです。

と、色々と考えさせられる映画でした。
一見の価値がありだと思います。

それから、どうでもいいことですが、手と足にしもやけが出来ました。
これは劣悪な職場のせいか…くそ〜〜〜〜〜〜〜。
痛がゆいぜ!

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
akira(akira.l.u)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[08/20 akira@管理人]
[08/19 坊主めがねアロハ]
[04/29 akira@ 管理人]
[04/26 蒼樹]
[09/06 akira@ 管理人]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) simprune All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]