忍者ブログ
つれづれシンプルーンblog ver.1
[26] [25] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『クレイモア』を1〜3巻までカバーイラストだけで衝動的に買った。
ちょっと自分で驚いています。でも主人公のクレアが『影牢』のミレニアに見えてしまう…。ああいうキャラ、好きです。続きが気になりますね。

でも今、『タイガー&ドラゴン』を一曲買っちゃいました。オヤジ最高。情けないオヤジはもっと最高。

ちなみに『バーニーよ銃をとれ』で地雷のクレイモアが2個手に入り、トラップとしては多いに役に立っていたなあ…。(これも情けないオヤジの話w)

地雷としてのクレイモアはかなり残虐な武器で使用禁止になってる…はず…(Wikiで調べたら、そうは書かれてなかったから使用可能らしい…戦争って奴は全く…)

映画『プライベートライアン』では一瞬で人が血飛沫と化していたらしい。『バーニーよ…』でもそうなんですけれどね。

『メタルギアソリッド』では自分で引っかかっちゃって大変なことに…なんてことなった人、多そうですねw←笑ってる場合か。

ちなみに…

クレイモア(英:Claymore) はスコットランド人が使った剣。この名で呼ばれる剣は2種存在する。
1つは、14世紀から17世紀にかけて使用されていた両手持ちの大剣。スコットランド高地人(ハイランダー)が氏族間抗争やイギリスとの戦争で使用したという。1メートルほどの刀身を持ち、鍔は刃に向かって傾斜し、先端には飾りの輪が複数ついている。飾りは主に四葉の形をしており、見た目上の大きな特徴ともなっている。当時のヨーロッパにおける両手用剣としては小ぶりで、素早い剣の動きが恐れられた。
もう1つは、18世紀より使われだした篭柄(basket hilt)の片手用刀剣。その形状はサーベルに近いものである。スコットランド人部隊で好んで用いられ、第二次世界大戦にも持ち込まれたという。
語源はスコットランド・ゲール語の「大きな剣」を意味する"claidheamh mòr(クラゼヴォ・モル)"。(Wikipediaより) 

だそうです。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
akira(akira.l.u)
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/20 akira@管理人]
[08/19 坊主めがねアロハ]
[04/29 akira@ 管理人]
[04/26 蒼樹]
[09/06 akira@ 管理人]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) simprune All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]